2008年01月23日

冬の肌荒れ対策 スキンケア変えていますか


今年の冬は、平年並みとはいうけれど、けっこう朝晩は、しっかり冷え込みますよね。1月になって、関東以西でも雪が降っていますね。

冬のスキンケアとして、特に気をつけたいのが、乾燥から起こる肌荒れです。
症状としては、乾燥し過ぎて起こる、肌のかゆみ、ひび、あかぎれ、しもやけなどの皮膚のトラブルです。

加齢によっても、乾燥肌はかなり進んできますね。

冬は、これらの症状で、皮膚科の患者さんが増えるそうです。

・暖房が効きすぎた部屋で乾燥肌がすすむ。
・アクリルや化繊の衣類の着用による影響
・気温の低下によっての新陳代謝の低下。
・冬の気温の低下により、皮脂・汗の分泌量の減少から肌のバリア機能が落ちている。

このような理由によって、冬の肌荒れは特にすすんできます。

この季節は、朝と晩のスキンケアに使うものを使い分けることで、乾燥を予防することが重要ですね。


朝と夜のスキンケアの使い分けとしては、

朝・・・・保湿力の高い低刺激のローション

夜・・・・保湿力が高く、低刺激なローション+クリーム


顔も体や手のケアも同様に、冬の肌荒れに気をつけましょう。



★全身の肌荒れ・・・・『ビタミン系』クリーム。
            水分と油分を補給する保湿効果のあるもの。

★角質化した肌・・・・『尿素系』クリーム。
 
★全身のかゆみ・・・・乾燥によるカサつきや、かゆみ、皮膚炎、しっしんなどを直すかゆみ止めのクリーム。

★乾燥とかゆみ・・・・『保湿系』クリーム。


お店の薬剤師さんなどにも相談して、
症状にあったクリーム選びをしましょう。

冬におこりやすいかかとの角質化には、尿素系のクリームでケアをして、その後、柔らかくなったら、『ビタミン系クリーム』で保護しましょう。

肌の部位、症状に応じたケアで、冬もしっかり美肌対策しましょうね。
posted by mayumayu at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美肌 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80208723

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。